アマチュアミュージシャンいろんな日常


by loudguitar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:バンド ( 4 ) タグの人気記事

まさにむずかしい

『ル・クプル離婚していた…デュオは「休止」のまま』

音楽をやってると必ずやってくる仲間との"意見の相違"。
私は以前からバンド内で特別な感情を含む人間関係はあってはならないと思ってる。
うまくいってる人もいるだろうから、あくまでも私の場合は、ということなんですが。
私の場合はバンドの中で音楽を離れての特別な間柄がある人が存在すると居心地が悪い。自分でも他の人が、でも。
どうしても私生活でのお互いの関係性がバンド内に持ち込まれてしまう。
ほかのメンバーに必要以上の気を使わせるしこっちも使ってしまう。
音楽制作、バンド内の力加減もけっこうデリケートなもの。
音楽の上で生じた行き違いはかならず私生活にも影響してしまう。
音楽って本来とても個人的なものだと思う。
それぞれ聞いてきたものも違うし生活も違う。
かならずある相違。
その上で共通点を見いだしていっしょにバンドなりユニットなど結成するというのはかなりの危険性を伴うものだと。
だからこそ奇跡のようにうまくいってる間はあたかも恋愛関係のような強い結びつきがある。
それが崩れた時は夫婦や恋人、友人関係も壊れてしまうというのはよくあることです。
バンドが解散したり脱退したりした場合どうしてもお互いの心に大なり小なりトゲのようなものが残ってしまうんだよね。
ひどいときはもう二度と会いたくないような決定的な亀裂が生じることもあるけど、私はなるだけそういう風にはならないようにしてる。
バンドを離れた後、頻繁に会うことはなくてもしこりが残らない関係を築いてる人もけっこういるし。
そういう意味でもバンドのメンバー同士があまりに近すぎるのは危険だなあというのが私のスタンス。
若い頃みたいにバンドのメンバーが仲が良くて始終一緒につるんでる、っていうのは今はない。避けてると言っていい。
でもあの頃がなつかしい、とはたまに思うけどね。
[PR]
by loudguitar | 2007-04-23 20:58 | 音楽

恐るべしアウェーゴール

『バルセロナ敗退、2連覇逃す ローマなどが準々決勝へ』

b0007076_9491221.jpg難しいとは思ってましたが、やはり駄目でしたか。
1-0でバルサが勝ってもアウェーゴールの差で早くもバルサ敗退。
残念だけど、ここ最近の感じを見るとしょうがないかと。
チームがいい状態でいるのは、それを維持するのは難しい。
それぞれの選手の中で微妙に心持ちが変わってきたり、コンデションが悪いこともあるだろうし。メンツが揃わないと全く違うものになってしまうだろうし。
そうでなくてもちょっとしたバランスのズレからガタガタになったりするもんだよね。
野球とかはある意味個人プレーの集合体だと思うけどサッカーは全員の連動性だからなあ。

むりやりこじつけるとバンド活動も同じなんだ。
それぞれに家庭の事情、経済状況の違い、音楽に対する重心の掛け方の違いなんかがバンド活動に重大な影響を与える。
それどころじゃないんだよ、忙しいんだよ、という時もあるだろうけど
そういう個人の事情は他の人には関係ないことであり、それぞれ忙しい中都合をつけているんだから、活動に必要な最低限のことをやってもらわないと困るというスタンス。(もちろん考慮することの方が多いですよ…実際問題は)
中学生高校生バンドみたいに友達同士じゃない。というよりむしろバンドのために集まった人たちだから、私生活にはあまり立ち入らないことが多い。
そうなるとバンド活動の中でどういう行動をとるか、どういう考えを持ってるか、ということがお互いを繋げてることになる。
その中で一定のメンバー同士が個人的に仲良くなることもあるし気が合わないメンバーが出てきたりもする…
その上で“音楽”というひとつの目標を中心になんとかかんとかやっていくわけだ。
結局そういうびみょーなバランスのもと成り立ってるものだから、重視すべき音楽上の行き違い、音楽性というよりむしろ音楽に対する取り組み方の違い、というのは決別の決定的要因になります。
そこで合わなきゃどうしようもない、という。
難しいよほんとに。ストレスたまるよ。
以前在籍してた主婦バンドでよく取材されたけど(そのバンドは今もまだカリスマ主婦バンドとして活動中、数々のテレビ出演、おやじバンドコンテストの常連/笑)、記者の頭の中にあるのは"主婦のロックバンドというと派手なカッコして大きな音出して、普段の主婦業から解放されるストレス発散の場"、という図式。
それにそっていろいろ聞かれるわけ。そういう答えが欲しいわけよ。
私はいくら"真面目にバンドやろうとしたらいろいろ大変で逆にストレス溜まる"と言ってもまったく聞いてくれない。そんなことは聞いてない、空気を読め、って感じですよ(笑)
そういう色眼鏡がいやでそのバンドから離れたもののやっぱり活動が大変な状況というのは変わらない。
ただ年齢や性別、主婦というエクスキューズを取っ払った形で、純粋に音楽の格好良さで勝負したいという希望はある。
しかしまあそれも意識しすぎると逆にかっこ悪いんで、そこもまたバランスだな。

全く関係ない話になってしまったが…(笑)
次は俊輔の番。
勝つのはすごく難しいと思うけど、この間アウェーゴールを与えなかったというのがちょっとしたいいところ。
1、2回はFKの場面があるはず。
そこがたぶん唯一のチャンスだと思う。
がんばれ〜
[PR]
by loudguitar | 2007-03-07 10:26 | サッカー

3年めの?

昨日は懇意にさせてもらってたバンドのライブに行ってきた。
3年続いたバンド活動を休止するとのことです。
トリオのロックバンドなんですが、いろんな意味でワンマンなバンド。
ギターボーカルの人が曲を書き、あらゆる権限を握ってた。
それでいて、すべてのことが内側を向いていて、お互いがお互いのためだけに演奏してるような、不思議なバンドだった。
お互いのためのバンドだったから、メンバーのやりやすいような曲を作り、いいところが出るようなアレンジをずっとしてたんだと。
どういう経緯で休止になったかはホントのところはわからないんだけど、実のところリーダーの思いどうりに他が動こうとしないというのもあったみたいだな。
ワンマンというのはえてして、突然プッツンと他を切り捨てるという事がおこるよね。
話し合い、と称する説得が功を奏しないとわかれば。
で、そういう人ほど『みんなのためにやってたのに』って言うんだよね。
私がやはり3年間やってたトリオのバンドは、私が表向きのリーダーだったけど、裏ですべて仕切ろうとしてた人がいて、それと私の自我との軋轢が崩壊を招いたわけですが、バンドってのはいつもそういうドロドロした人間関係が絡んでしまう。
音楽をやる人っていうのはもともと感情的な人が多いからね、結婚生活の破綻みたいなことが必ず起こる。それも3年くらいすると(笑)
そしてスパークがおきるような『出会い』ってのもまたあるわけよ。
だからおもしろいね。やめられないね(笑)
[PR]
by loudguitar | 2006-07-25 15:24 | 音楽

ライブの直前だけど

今メインでやってるバンドがあと2週間ほどでライブをやる。
バンドそのものは1年前からやってるけど、ステージをやるのが今回最初です。
それぞれ忙しくてなかなか集まれないというのもあってこんなに時間がかかったんだけどね。
つべこべいわずにやっちゃおう、と決行する事にしたわけで。
ライブ本番が目の前にくると、ステージ進行をイメージしていく上で、細かいとこでいろいろ『ここはもうちょっとこうしたい』みたいなことが出てきちゃいます。
おそらく初心者なら、この期に及んでバタバタ変えないほうがイイ、という感じだろうけど
そこはホレ、百戦錬磨の連中だから対応できる…
…はずでした(爆)
でも中にはこういうのには慣れてない人がいまして。
すっかりご立腹で。
その反応にさらに立腹する人もいたりして。
初ライブを前になんだかビミョ-な空気になってきましたよ。
どうなっちゃうんでしょうねえ…
とにかく無事に終わりたいというのが正直なところ。
いろんな人をライブに誘ってるけど、実は自分自身どう考えてもあまり完成度は高くないと思ってるんだ。
自分でカッコイイ!と思えないものはカッコイイわけないんだよ。
たぶん良くなるのはもっとずっと先の話だと。

そして最近身体の調子が良くないな。
バランスが狂ってくる年齢なのかもしれないが…
すごく調子が悪い。なのに痩せない(爆)
具合が悪いならせめて痩せていたい。
ライブまであと2週間か~
[PR]
by loudguitar | 2006-05-16 14:31 | 音楽